top of page

前歯はインプラントができない?難しい理由や費用相場を解説

前歯がきれいだと会話することが楽しくなるため、前歯をインプラントしたいと考える方が多いです。しかし、前歯のインプラントは難易度が高く、技術のある歯科医師に治してもらわないと審美性の高い歯にならない場合があります。そこで今回は、前歯をインプラントするメリットやデメリット、費用相場について解説します。前歯のインプラントが難しい理由についても紹介するため、気になる方はぜひ参考にしてください。

目次


前歯はインプラントができない?難しいとされる理由を紹介

なぜ前歯をインプラントするのが難しいのか解説します。

審美性の影響が強い部分のため

前歯は審美性が強い部分であるため、奥歯よりも難易度が上がります。前歯は奥歯よりも目立つため、左右のバランスや歯の形がくっきり見えないと審美性が悪くなりやすいです。したがって、前歯のインプラントは奥歯のインプラントよりも技術力が必要とされ、高い技術がないときれいな見た目になりません。

前歯のインプラントを希望する方は機能性だけでなく、審美性も重要視する方が多いです。そのため、インプラントを埋入しても患者が納得できない場合もあり、前歯のインプラントは難しいとされています。

顎の骨が薄いため

ほかの理由としては、前歯には顎の骨が薄いのも原因と考えられます。奥歯のインプラント治療は、顎の骨がしっかりしているため治療を行いやすいですが、前歯は顎の骨量が少なく治療しにくいです。骨量が少ないと骨を増やす施術が必要となり、別途費用がかかり高くなるケースもあります。

前歯をインプラントにするメリット

前歯をインプラントするのは難しいですが、前歯をインプラントするメリットがいくつかあります。どのようなメリットがあるか確認しましょう。

周囲の歯を削らずに治療ができる

前歯をインプラントにすると、周囲の歯を削らずに治療を行えます。前歯は見た目が大事であり、健康な歯を削ると見た目が悪くため、歯を削らない治療が推奨されます。

自然な見た目に仕上がる

前歯は、会話する際に一番目につく部位です。もしブリッジ療法で前歯を治している場合は針金が見えることもあるため、審美性が保たれないのがデメリットです。インプラント治療は自然な歯と変わらない審美性のため、笑ったりご飯を食べたりしても違和感がありません。

他の治療法に比べ食べ物をしっかり噛める

ブリッジや入れ歯に比べて、インプラント療法はしっかり食べ物を噛めるのがメリットです。インプラントは咀嚼する力が高く、自然な歯と同じくらいの力で噛めるので、硬い食べ物を食べられます。食事を楽しくするためには、しっかりと自分の力で噛むことが重要で顎の骨を鍛えることにもつながります。

定期的なメンテナンスを行えば寿命が長い

ブリッジや入れ歯に比べて、寿命が長いのも特徴のひとつです。インプラントは一度手術を行えば、メンテナンスを定期的に行うことで長期的に使用できます。ブリッジや入れ歯は、食事の食べカスなどがはさまったり、きれいに歯磨きできなかったりするため、歯周病や虫歯にもなりやすいです。インプラントは歯茎に直接埋入させるため、そのような問題は生じません。

前歯をインプラントにするデメリット

前歯をインプラントにするメリットをいくつか挙げましたが、もちろんデメリットもいくつかあります。どのようなデメリットがあるか確認しましょう。

インプラント接続部分が見える可能性がある

インプラントは自然の歯に見える審美性が高いのが特徴でしたが、状態によっては接続部分が見えることもあります。前歯の骨量によっては、アバットメントが見える場合があるので注意が必要です。

治療費が高額になる

前歯のインプラントは、高い技術力が必要なため費用が高額になる場合があります。ブリッジや入れ歯よりも高額になるため、あらかじめ予算を計算しておく必要があります。

前歯のインプラント治療にかかる費用相場

前歯のインプラントの費用は、奥歯をインプラントにするのと費用はそれほど変わりません。しかし先ほども申しあげたとおり、前歯はインプラントにするのが難しいため、歯科医院によっては費用が高い場合があります。

前歯の平均費用相場は、30万円~50万円といわれており、手術費用や検査代、インプラント本体などの合計が総額です。インプラントの材質、顎の骨の状態によって施術内容が異なるので確認が必要です。

前歯のインプラント治療にかかる期間

前歯のインプラント治療を開始すると、長期的に通院する必要があります。インプラントは手術を終えたあとも、定期的に歯科医院の診察を受けなければいけません。半年間は治療にかかる期間と考え、計画的に治療していくことが求められます。

前歯のインプラント治療中の仮歯について

「前歯のインプラント治療を終えたあとは前歯が抜けたままなのでは」と感じる方もいるでしょう。手術が終われば仮歯を埋入して、歯茎が安定するまではその状態で過ごします。インプラントの材質は金属やセラミックで作られている場合が多いですが、仮歯はプラスチックで作られています。仮歯でも白色のプラスチックで作られており、自然な歯と変わらない見た目なので、審美性はそれほど気にする必要はありません。

前歯をインプラントにした場合の注意点

前歯をインプラントにした際の注意点について確認してください。

日頃のケアをしっかり行う

前歯をインプラントにした場合は、日頃のケアをきっちり行う必要があります。日頃のケアをきっちり行わないと、歯茎下がりが起こりインプラントの接続部分が見えることもあります。定期的に歯磨きを行い、歯茎をマッサージすることで歯茎下がりを防ぎましょう。

喫煙を控える

喫煙すると、ニコチンや一酸化炭素の影響でインプラントの寿命が短くなります。また手術後に喫煙すると、手術の傷口が治りづらいため、前歯のインプラントを行ったあとは喫煙を控えなければいけません。

前歯のインプラント治療の流れ

前歯のインプラント治療の流れを解説します。

1.       カウンセリングや相談

2.       一次手術

3.       二次手術

4.       インプラントの型取りと作成

前歯のインプラント治療は奥歯のインプラント治療と流れは同じです。カウンセリングを受けて手術内容や費用の確認を行い、問題なければ二度の手術を行います。一次手術と二次手術の術後には治療期間があります。無事二度の手術が終われば、インプラントの型取りと上部構造を作成します。きちんと問題なく装着できれば、インプラント治療は終了です。

まとめ

今回は、前歯のインプラントについての概要や費用相場について解説しました。前歯は奥歯よりも治療が難しいですが、費用面ではそれほど差はありません。ただし前歯をインプラントする際は、顎の骨が少ないことから費用が高くなるケースもあります。またインプラント手術を終えたあとは喫煙を控え、きちんと手入れすることで長期的にインプラントを使用できます。歯科医師の指導をきちんと守り、インプラントの寿命を延ばしていきましょう。

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

インプラント治療は痛い?数年後に痛む場合や対処法を解説

インプラント治療を始めたいけど、手術時の痛みが気になる方も多いのではないでしょうか。インプラント治療は手術が必要なため、適切な知識を持っておかないと痛みを悪化させてしまう恐れがあります。手術中だけでなく手術後や抜歯後、場合によっては数年後に患部が痛むこともあります。そこで今回は、インプラント治療において痛みを軽減させるためにも、痛みや対処法について解説します。 目次 インプラント治療に伴う痛みはあ

インプラントの平均寿命は?ダメになる原因や寿命を延ばすポイントを紹介

インプラント治療は高額なため、できるだけ長く使用したいと考えている方は多いのではないでしょうか。インプラントを適正な方法で使用しないと寿命が短くなるため、インプラントの使用方法について知る必要があります。そこで今回は、インプラントの平均寿命やインプラントがダメになる原因について詳しく解説します。インプラントの寿命を延ばすポイントについても紹介するので、インプラント治療を考えている方はぜひ参考にして

インプラントのメリット・デメリットを解説!治療のトラブル例も

インプラント治療を行えば自然に食べ物を食べられたり、美観がよくなったりしますがデメリットもいくつかあります。インプラントでは治療トラブルが発生することもあるため、インプラント治療のリスクについてきちんと把握しておくことが重要です。そこで今回はインプラント治療のメリット・デメリットについて詳しく解説します。 目次 インプラント治療のメリット4つ 審美性が高く天然の歯と見た目が近い 周りの健康な歯を削

Comments


bottom of page