top of page

インプラント治療の名医を見分ける11のポイントを紹介!

インプラント治療はメスを用いて手術を行うため、腕のある歯科医に治療してもらう必要があります。知識や技術のない歯科医に治療してもらうと、失敗したり希望どおりにならなかったり、あとに大きなトラブルになる可能性があります。

またインプラント治療は基本的には保険適用がないため、極力費用を抑える必要があります。費用を押さえて良心的な歯科医院の探し方について知っていれば、インプラント治療で損をすることはないでしょう。そこで今回は、インプラント治療の名医を見分ける5つのポイントについて解説します。インプラント治療の歯科医院選びで失敗しないためにも、次のポイントを押さえて探してください。


目次


インプラント治療の名医の見分ける5つのポイント

インプラント治療を行ってくれる名医の見分け方について、5つのポイントをご紹介します。

【ポイント1】インプラント専門医の資格を取得しているか

まず、インプラントの専門医の資格を所有しているか確認してください。インプラントの専門医の資格はいくつかありますが、有名な資格として「日本口腔インプラント学会」の資格があります。日本口腔インプラント学会の専門資格を所有している方は、全国を探しても数少なく、信頼のおける資格のひとつです。通いたい歯科医師の所有資格を調べることで、名医かどうかを判断できます。

【ポイント2】症例数・難易度の高い実績があるか

歯科医師のこれまでの実績を確認するのもよいでしょう。なかには歯科医院を開業したばかりで、あまりインプラント治療になれていない歯科医師もいます。どれだけ実績があるかは、訪れたい歯科医院のホームページに記載している場合があるため、一度調べてからカウンセリングを受けることをおすすめします。

【ポイント3】最新の技術や知識を取り入れているか

訪れたい歯科医院に最新機械が搭載しているかも重要です。医療は日々進化しているため、新しい知識や技術の習得が必須といえます。昔からやり方を変えていないような歯科医院では、現在の歯科医療に適していない場合があります。

【ポイント4】骨造成治療ができるかどうか

歯周病により歯が抜けている方や、不適合な入れ歯による生活により骨量が不足している方は、インプラント治療が難しい場合があります。骨量が少ない場合は骨造成治療が必要になりますが、骨造成治療をおこなえる歯科医は少ない傾向にあります。つまり、骨造成治療ができる医師であれば、歯が抜けている方や骨量が不足している方にもインプラント治療ができる名医である可能性が高いといえるでしょう。

【ポイント5】医師は高圧的ではなく丁寧に治療説明を行っているか

インプラント治療は自由診療なため、丁寧な説明を行ってくれるかも重要です。なかには不必要な施術を高圧的に勧める医師もいるため、高圧的な医師かどうかの判断はコミュニケーションを丁寧に行うかで判断してください。患者と相談することなく、一方的に作業を進めるような歯科医師は避けるべきです。

インプラント治療の歯科医院を選ぶ際の6つのポイント

名医だけでなく、歯科医院も意識して適切なところを選ぶ必要があります。具体的にどのようなポイントを意識して選ぶべきか、6つのポイントを確認しましょう。

【ポイント1】治療設備は整っているか

通いたい歯科医院に、治療設備がきちんと整っているか事前に調べましょう。最新技術を搭載している歯科医院では、メスを使用しない低侵襲手術を行っていたり、精度の高い3DCADを使用していたりします。メスを使用しないことで手術時間を短縮し、施術ミスを減らせるため近年多くの歯科医院で導入されています。導入されている医療器具が最新かどうか、通いたい歯科医院の公式ホームページで確認してから通院することをおすすめします。

【ポイント2】保証制度・アフターフォロー体制が整っているか

インプラント治療は一度の手術だけではなく、定期的に検診を受けなければいけません。インプラントをした人工の歯は虫歯にはなりませんが、周りの歯は虫歯や歯周病になるため、アフターフォローをきっちり行う必要があります。そのため丁寧にアフターフォローを行ってくれる歯科医院を探さなければいけません。

また、インプラント治療の保証制度も確認する必要があります。万が一失敗したときの保証や痛みが発生したときなど、明確に説明してくれる歯科医院で治療を受けることを推奨します。

【ポイント3】衛生管理に問題はないか

歯科医院の清掃状態や、滅菌診療室の感染症対策などについても確認が必要です。インプラント治療は手術を行うため、感染症対策を行う必要があります。受付や診療室などがきれいな歯科医院はきちんと感染症対策を行っている可能性が高いので、通院した際に確認してください。

【ポイント4】費用面に問題はないか

インプラントの費用相場と照らし合わせて、適正価格かどうかも確認してください。インプラントの費用相場は25万円~50万円といわれており、インプラントの素材や受ける施術によって大きく前後します。あごの骨量が不足している場合は費用が高くなるため、カウンセリングを受けた際に内訳についてもよく調べる必要があります。

【ポイント5】使用するインプラントの材料に問題はないか

インプラントの素材にはいくつか種類があるため、ご自身の体にあっているものを選ぶ必要があります。金属アレルギーの方はそもそもインプラント治療を受けられない可能性もあるので、事前に医師と相談しましょう。

またインプラントの材料によっては、費用や性能が大きく変わります。インプラント治療をする際はインプラントの材料のメリット、デメリットをきちんと理解してから治療を受けるのがよいでしょう。

【ポイント6】スタッフの対応に問題はないか

丁寧な対応を行ってくれるスタッフがいるかどうかも確認しましょう。対応があまりよくない歯科医院は、歯科医師の技術もあまり高くないことが多いです。インプラント治療は長期的に通う必要があるため、歯科医院全体の雰囲気も重要です。コミュニケーションがしっかりとれるかだけでなく、接客態度など総合的に判断して信頼のおける歯科医院を選びましょう。

まとめ

インプラント治療の名医を分けるポイントについて、主に11ポイント解説しました。インプラント治療は、知識と技術のある歯科医師に治してもらうのが理想です。スキルの高い医師を探すには、症例数や実績、資格の有無を確認するのがよいでしょう。

また、歯科医師だけでなく歯科医院も適切なところを選ばなければいけません。歯科医院のなかには、導入機材が古いものを使用していたり、最新の技術について知らなかったりするところもあります。インプラント治療を行ってもらうには、腕のある最新医療を熟知した歯科医師に治してもらうのがよいです。そのためには、インプラント治療を専門とする歯科医院を選ぶ必要があります。今回紹介した内容を踏まえて、適切な治療を行ってくれるインプラント治療の名医をお探しください。

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

インプラントの平均寿命は?ダメになる原因や寿命を延ばすポイントを紹介

インプラント治療は高額なため、できるだけ長く使用したいと考えている方は多いのではないでしょうか。インプラントを適正な方法で使用しないと寿命が短くなるため、インプラントの使用方法について知る必要があります。そこで今回は、インプラントの平均寿命やインプラントがダメになる原因について詳しく解説します。インプラントの寿命を延ばすポイントについても紹介するので、インプラント治療を考えている方はぜひ参考にして

インプラントのメリット・デメリットを解説!治療のトラブル例も

インプラント治療を行えば自然に食べ物を食べられたり、美観がよくなったりしますがデメリットもいくつかあります。インプラントでは治療トラブルが発生することもあるため、インプラント治療のリスクについてきちんと把握しておくことが重要です。そこで今回はインプラント治療のメリット・デメリットについて詳しく解説します。 目次 インプラント治療のメリット4つ 審美性が高く天然の歯と見た目が近い 周りの健康な歯を削

インプラントは保険適用される?適用条件や治療費を軽減させる方法を解説

「治療費が高くてインプラント治療を受けられない」とお悩みではないでしょうか。インプラント治療は自由診療にあたり、基本的には保険適用外になるため、全額自己負担しなければいけません。しかし、すべてのインプラント治療が保険適用外になるわけではなく、例外的に保険が適用されるケースがあります。そこで今回は、インプラント治療の保険適用範囲や治療費を軽減させる方法について解説します。 目次 インプラント治療は一

Comments


bottom of page