top of page

インプラント治療で利用できるデンタルローンを解説!利用条件や流れも

インプラント治療は保険適用がないため、支払いが厳しい方も多いのではないでしょうか。インプラントの費用相場は40万円~80万円ほどであり、一括払いであると家計への出費がものすごく大きいです。しかし現在では、一括で支払えない方でもデンタルローンを利用できるため、インプラント治療を受けられる可能性があります。そこで今回は、デンタルローンの概要や利用条件、申し込むまでの流れについて解説します。インプラント治療が高額で支払えないと感じている方は、ぜひ参考にしてください。

目次


インプラント治療で利用できる『デンタルローン』とは?

インプラント治療で利用できるデンタルローンとは、歯科治療で利用できる立替サービスのことです。インプラント治療は保険適用がないため、デンタルローンを利用する方が多いです。デンタルローンを利用すれば、通常のクレジットカード支払いにはないメリットもいくつかあります。デンタルローンとは、どのような内容なのか確認しましょう。

自由診療を対象とした歯科治療費専門のローンのこと

デンタルローンとは、自由診療を対象とした歯科専門のローンのことです。自由診療では保険が適用されないため、デンタルローンを利用しないと支払えない方も多いです。一括で支払えない方のために用意されたサービスがデンタルローンであり、インプラント治療を諦めかけていた方にうれしいサービスといえます。

デンタルローンは医療費控除の対象にもなる

デンタルローンは分割で支払えるだけでなく、医療費控除の対象にもなります。医療費控除とは、年間の医療費が10万円以上かかる場合に還付される制度です。インプラント治療を受ける場合は、基本的には医療費控除の申請を行います。払い過ぎた医療費が一部還付されるため、資金に余裕がない方でも安心してデンタルローンを利用できます。

インプラント治療でデンタルローンを利用するメリット

インプラント治療でデンタルローンを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。インプラント治療でデンタルローンを利用するメリットをいくつか紹介します。

手元にまとまったお金が無くても利用できる

デンタルローンを利用すれば、治療開始時にお金がなくても治療を受けられる場合があります。一括払いではないため、お金がなくて諦めかけていた方もインプラント治療ができるのがメリットといえます。

治療費用の分割払いができる

デンタルローンを利用すると、月々の分割払いで支払えます。一般的には最大84回払いまで可能なため、毎月の出費を大幅に減らせます。

妥協せずに歯科治療ができる

デンタルローンを利用すれば、金銭的な問題で妥協せず治療できるのがメリットでしょう。あまりお金に余裕がない方でも、現在の歯の状態でベストな治療を選べるため、金銭の心配はありません。また車の購入や家のローンのように頭金を用意しなくても利用できるため、安心してインプラント治療が行えます。

カードローンやフリーローンに比べて金利が低い傾向にある

デンタルローンは金利が低い傾向にあり、カードローンで支払うよりもお得です。デンタルローンは医療に対する支払いなので、ローンの使用を考えている方はデンタルローンを組むほうがよいでしょう。また消費者ローンの審査が通らなくても、デンタルローンでは審査が通ることもあるため、金利の低いところでローンを組むことをおすすめします。

インプラント治療でデンタルローンを利用するデメリット

デンタルローンにはメリットがたくさんありますが、デメリットもいくつかあります。どのようなデメリットがあるか確認してください。

審査が必要・必ずローンが組めるとは限らない

デンタルローンは審査があり、必ずローンを組めるとは限りません。クレジットカードの審査同様に個人の資産状況や支払い能力を提出する必要があるため、返済能力がないと判断された場合には利用できません。

もしデンタルローンで審査が落ちた場合は、フリーローンを組むのもよいでしょう。フリーローンはデンタルローンに比べると金利が高いですが、審査の基準が低いためローンを組みやすいです。

総支払い額が増える可能性がある

デンタルローンは、クレジットカードなどのフリーローンと比べると金利は安いですが、現金払いと比べると支払総額は増えます。デンタルローンは一括で現金支払いするよりも費用が高くなるため、手元にお金がある方は一括支払いしたほうがよいでしょう。

インプラント治療でデンタルローンを利用する条件

インプラント治療でデンタルローンを利用する条件はいくつかあります。以下に該当する方は審査が通りにくいので注意が必要です。

●        学生

●        主婦

●        アルバイトやフリーター

●        ほかのローンがたくさん残っている

●        ブラックリストに載っている

上記に当てはまる方はデンタルローンの審査が通りにくく、親族に支払ってもらう方もいます。家族に支援してもらえない場合は、職の勤続年数を増やしたり、残っているローンを先に完済したりすることでデンタルローンの基準を満たすことが優先されます。ほかの支払いローンが残っていても保証人を記載すれば審査に通りやすくなる場合もあり、ご家族に保証人になってもらえるか確認するのもよいでしょう。

インプラント治療でデンタルローンを利用する場合の利用可能金額は?

デンタルローンの利用可能金額は、借りる金融機関によって異なりますが、500万~800万ほど借りられることが多いです。ご自身の収入や負債状況に応じても変動するため、金融機関に確認してください。

インプラント治療でデンタルローンを利用する場合の流れ

インプラント治療でデンタルローンを利用する場合の流れは以下のとおりです。

1.       申し込みたい金融機関に申請書を提出する

毎月の返済額や治療名など申し込みに必要事項を記載し提出する。

2.       申請の結果の連絡を受ける

3.       口座振替の手続き

4.       毎月の支払い

デンタルローンの申請を希望の金融機関に提出して、審査結果を待ちます。各金融機関により審査基準がそれぞれ異なるため、審査に落ちた場合はほかの金融機関にデンタルローンの申請を行うことも可能です。利子や支払期限なども異なるため、ご自身の支払い能力に合う金融機関をみつけて、上手くデンタルローンを活用しましょう。

まとめ

今回はインプラント治療で利用できるデンタルローンについて解説しました。デンタルローンを利用すれば、一括の返済を減らせるため、手元に資金がなくても利用できるのがメリットです。何十万円もかかる費用を分割払いできるので、もしも現在お金がない場合はデンタルローンの利用を検討しましょう。ただしデンタルローンはだれでも利用できるわけではないため、上記で紹介した内容を確認してインプラント治療を行いましょう。

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

インプラントの平均寿命は?ダメになる原因や寿命を延ばすポイントを紹介

インプラント治療は高額なため、できるだけ長く使用したいと考えている方は多いのではないでしょうか。インプラントを適正な方法で使用しないと寿命が短くなるため、インプラントの使用方法について知る必要があります。そこで今回は、インプラントの平均寿命やインプラントがダメになる原因について詳しく解説します。インプラントの寿命を延ばすポイントについても紹介するので、インプラント治療を考えている方はぜひ参考にして

インプラントのメリット・デメリットを解説!治療のトラブル例も

インプラント治療を行えば自然に食べ物を食べられたり、美観がよくなったりしますがデメリットもいくつかあります。インプラントでは治療トラブルが発生することもあるため、インプラント治療のリスクについてきちんと把握しておくことが重要です。そこで今回はインプラント治療のメリット・デメリットについて詳しく解説します。 目次 インプラント治療のメリット4つ 審美性が高く天然の歯と見た目が近い 周りの健康な歯を削

インプラントは保険適用される?適用条件や治療費を軽減させる方法を解説

「治療費が高くてインプラント治療を受けられない」とお悩みではないでしょうか。インプラント治療は自由診療にあたり、基本的には保険適用外になるため、全額自己負担しなければいけません。しかし、すべてのインプラント治療が保険適用外になるわけではなく、例外的に保険が適用されるケースがあります。そこで今回は、インプラント治療の保険適用範囲や治療費を軽減させる方法について解説します。 目次 インプラント治療は一

Comments


bottom of page