top of page

インプラントの費用相場は?費用に関する注意点や総額も解説

インプラント治療はもともと高額ですが、いくつか注意しないと想定よりも費用が高くなるケースがあります。またインプラントを行ってくれる歯科医院はたくさんあるため、適切な費用で治療してくれる歯科医院を探す必要があります。そこで今回は、インプラントの適正な費用相場や歯科医院を選ぶ際の注意点について解説します。インプラントの費用について気になる方は、ぜひ参考にしてください。

目次

 

インプラントの1本あたりの費用相場

インプラントの費用が高すぎて、治療を行えないという方が多いです。費用が高い理由は、インプラント治療には保険が適用されないことが関係します。通常の虫歯治療は保険が適用されるため3割負担ですが、インプラント治療は基本的には全額自己負担になります。また歯科医院によっても費用がそれぞれ異なり、場合によっては100万円以上の費用がかかるケースもあるため、インプラント治療は高額と感じてしまいます。

一般的なインプラントの費用相場は1本あたり30万円~45万円で、都会や地方によって平均も異なり、首都圏である東京ではさらに高くなります。インプラントに含まれる料金は、検査や診断、手術代、薬代、人工物、術後の消毒などです。

インプラントは種類や治療方法・メーカーによっても費用が異なる

インプラントには種類やメーカーがたくさんあります。日本で使用されるインプラントは、国内と国外合わせて30種類以上もあるといわれており、どの器具を使用するかによって費用が異なります。また治療方法には、ほお骨に行うインプラントや上あごの骨を再生して行うインプラントなどがあり、どの治療で行うかによっても料金が変わります。使用する素材が変われば適正相場よりも費用が高くなるため、ご自身に適する方法を選択することが重要といえます。

インプラント治療が高額な理由

インプラントが高額なのにはいくつか理由があります。どのような理由で費用が高額になるのか確認しましょう。

保険適用外の治療のため

先ほども申しあげたとおり、インプラントは保険が適用されません。したがって、3割負担ではなく全額自己負担で支払う必要があるため、ほかの歯科治療と比べても費用が高くなります。

ただし支払う金額は高いですが、インプラントを行った場合は医療費控除を受けられる場合があります。負担した額が10万円以上の場合は、確定申告することで支払いすぎた医療費の一部を還付してもらえます。インプラントを受ける際には、医療控除の申請を行うのが一般的です。

インプラント自体の材質が高いため

インプラント治療は口の中に金属を入れる必要があり、繊細な材質を扱わなければいけません。インプラント治療では、安全性を担保するために材質費が高いといえるでしょう。

治療設備・衛生環境を整える必要があるため

インプラントを行うには、治療設備や衛生環境を整える必要があります。もし治療環境が悪い状態ならば、適切な手術を行えません。歯科医院によっては最新設備が搭載されていたり、インプラント専用の機材が整っていたりします。歯科医院によって環境が異なるため、費用にばらつきがあります。

もし通院したい歯科医院があるならば、治療設備について確認してください。ホームページなどで最新設備が搭載されているかの情報を載せているところもあります。

インプラント治療の総額と費用内訳

インプラントは1本あたりの治療費以外にも別途費用がかかります。あごの骨の骨量が不足していたり、材質のよいものを選んだりするとインプラントの総額が変わります。治療費以外の費用を含んだ内訳と合計については下記のとおりです。

●        インプラントの埋入手術料:1本10万円

●        インプラント埋入に付帯する特殊処置料:1歯5万円

●        骨の料が足りない場合の再生療法料:5万~30万円

●        アバットメント・上部構造費用:10万円~12万円

●        メンテナンス費用:7万~12万円

合計:40万円~70万円

インプラントの治療費用に関する注意点

インプラント治療を受ける際にはいくつか注意する点があります。先ほども申しあげたとおり、インプラントの費用は治療費と治療以外にかかる費用の2つの合計です。インプラントの歯1本10万円と記載している歯科医院でも、実際に治療を受けてみるとそれ以上の費用を請求されるケースも珍しくはありません。実際にどのよう点に気をつけて歯科医院を探すべきか確認してください。

総額の治療費を事前に確認しておく

治療費だけでなく、総額の費用を確認してください。人工歯の素材費だけを考えてインプラント治療をしてしまうと、予想よりも高額になるケースがあります。費用がどのくらいの総額になるかは、インプラント治療を受ける前にあらかじめ予算を出しておき、診療相談を受けた際に確認するのが重要といえます。

治療費が適切かを確認する方法

適切な料金か確認する方法として、セカンドオピニオンに意見を聞く方法があります。一つの歯科医院だけに頼ってしまうと、どの金額が適正価格なのかわからず、高額な治療費を支払ってしまう恐れがあります。

また治療の内訳をきちんと説明してくれる歯科医院でないと、費用の内訳がわからないでしょう。中には悪徳な歯科医院もあり、患者が理解していないことをいいことに高額な料金を請求するケースもあります。適切な費用で治療を受けたい場合は、いくつか歯科医院に診療を受けることをおすすめします。

インプラント治療は費用だけがすべてではない

インプラント治療は安さだけで判断するのも注意が必要です。インプラント治療は保険が適用されなかったり材質が高額だったりするため、支払い総額が高くなる傾向にあります。インプラントを受ける歯科医院を探す場合は、適正相場であることが重要で、安すぎるような歯科医院は少し疑ったほうがよいでしょう。安すぎる歯科医院では材質のよくないものを使用していたり、腕に自信がなかったりする可能性があります。

歯科医院を探す基準としては、適正価格で治療を行ってくれるところを探し、過去の症例数も調べてみると腕のよい歯科医院をみつけられるでしょう。

まとめ

今回はインプラント治療の費用相場や注意点について解説しました。インプラント治療は高額になるため、どのような費用が発生するか事前に知っておくことは重要です。インプラント費用は治療費のみと思って受診すると、思っていたよりも高額になってしまうケースが多々あります。

インプラント治療は高額で、しかも保険が適用されません。インプラント治療は保険が適用されませんが、医療費控除を行うことで医療費の還付をしてもらえるため、インプラントを考えている方は医療費控除を行うことをおすすめします。インプラントの費用相場を理解して、適切な歯科医院でインプラントの施術を受けましょう。

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

インプラントとは?従来の治療法との違いやメリット・デメリットを解説

入れ歯やブリッジ療法で満足いかない方は、インプラントがおすすめです。近年ではインプラントの需要が増してきており、入れ歯やブリッジ療法では得られないさまざまな効果が期待できます。インプラントとほかの治療方法では、どのような違いがあるかわからない方も多いでしょう。そこで今回は、インプラント治療の概要やメリットやデメリットについて詳しく解説します。 目次 インプラントとは? インプラント治療と従来の治療

Comments


bottom of page